ラブライブ!

4: 名無しで叶える物語 2017/12/13 13:07:01.70 ID:VSrO+9CE.net
善子「っ……!だ、だって、2人とも上手いっていうか……気持ちよかったんだもん……」

善子「ずら丸の身体はふかふかだし、ルビィはスベスベでモチモチだし……」

ルビィ「えへへ///」

花丸「ずら〜♡」

善子「も、もう!!」ガバッ

ルビマル「きゃっ!」ドサッ

善子「い、一回出したから今度はもう少しは保つんだからね!覚悟しなさいよ2人とも!!」

花丸「ふふふ♡期待してるずら」

ルビィ「きゃあ……/// 優しくしてね……?」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆8CkAjs35JIZ4 2016/07/10(日) 20:39:02.53 ID:EbAOzjvuO
提督「司令官意味わかんない!!」

暁「暁だって解らないわよ!でも事実なの!!朝起きたらこんな事に!!」

響「合体というか融合というか…見てくれればわかると思う、入って来てくれ」

<ガチャ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468150742

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/06(月) 20:00:48.85 ID:1bqYoAB70
書き溜めなし、安価有、地の文有。

思いつきのみで形成されております。

ゆるくまったり進めていけたらと思いますので、お付き合いの程をよしなに。 

 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509966048

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆ag9TZfREZs 2017/12/12(火) 22:56:17.64 ID:4cq5lvQo0
キャラ崩壊注意

提督「さー焼くぞー!」

ジュージュー

球磨「あっこら! 豚肉ばっかり並べたら、すぐ食べられないクマ!」

提督「でも俺、豚肉大好きだし……」

球磨「う……それなら仕方ないクマ」

提督「そうそう仕方ないね」

提督「なら先に球磨肉をいただこうかなー」ギュッ

球磨「あ……♡」ドキッ///

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 02:11:57.10 ID:lv5iWhMZ0

やはり俺の青春ラブコメは間違っている/俺ガイル のSSです。
予告通り、雪ノ下陽乃編です。
よろしくお願いします。

1作目 豪雨のせいで雪ノ下と二晩共にした。

2作目 由比ヶ浜と観覧車に閉じ込められた。

3作目 俺の彼女とクラスメイトが修羅場すぎる。

4作目 席替えは時として、突然に新たな道を作る。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1378055516

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/12(日) 18:44:26.16 ID:DZQSnIB80

モバP「シンデレラふりかけ…?」

モバP「俺の…ソーセージ…?」

ここら辺の続き的なやつですが、見てなくても多分大丈夫です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510479865

ラブライブ!

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/15(水) 23:45:00.78 ID:TvHnwF3c0

凛「にゃ?」

ことり「見て見てー」

凛「白い……生地?」

ことり「うんっ。花陽ちゃんに新しい衣装をプレゼントしようと思って」

凛「でも、かよちんの誕生日ってまだ先だよ?」

ことり「新米記念だよっ」

凛「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413384290

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/15(火) 00:27:50.35 ID:pTnOzd8RO

女「?ぇええええ…」ダパ-

少年「大丈夫?」

女「飲みすぎた…」

少年「お酒弱いのに。無理するからだよ」

女「先輩が無理矢理さぁ。アルハラだよ」

少年「先輩ってサークルの?」

女「うん…」

少年「ひどい!大学に言おうよ」

女「あ、いや、私もふざけてたし」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502724470

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/10 01:43:07.424 ID:mE8ypF/l0.net
―大学―

男(二限終わって、昼飯の時間だ……)

男(だけど……)

ワイワイ…… ガヤガヤ……

「学食行こうぜ!」 「行く行くー!」 「俺もー!」

「今日はサークル部屋で食わね?」 「おお、そうしよう!」

男(見たところ、ぼっちは俺一人……一人でメシ食うのはみっともなさすぎる)

男(仕方ない、また便所飯するか)

THE IDOLM@STER

1: h8PchLJM6BH7 2017/12/12 08:37:02 ID:IgN

がちり、と

背後から撃鉄を引き起こしたような音を耳にし、前川みくはとっさに振り向きかまえた。

しかし見渡す限りに人影はなく、

先ほどの音の発生源は、落とされていた高森藍子のスマートフォンからであることを理解した時

ぼすっ、と

放たれた一撃を頭部に受け、前川みくは地に伏した。

PAGE TOP