フォローお願いします٩(๑´0`๑)۶

スポンサードリンク

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 01:09:54.57 ID:g0FIViVh0
雪歩「ふふっ男の人って感じですね」

雪歩(揚げ物はあまり得意じゃないけど、頑張ってみよう…!)

P「更に言うなら、ウチのおカンが作る鳥のアンかけかな」

P「普通のやつとは絶対手順違ってると思うんだけど、何故かめちゃくちゃ美味いんだ」

雪歩「そ、そうなんですか…お母様の」

雪歩「…レシピ教えてもらえるかな」ボソッ

P「まぁでも、大好物って言うなら一番は雪歩だけどな」

雪歩「ふぇっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411056584

THE IDOLM@STER

1: ◆kcyZIFYucg 2014/07/12(土) 22:36:37.59 ID:EDr4MCsDO

「んっ…はふ…」

身体をよじらせる度に、ぎちり、ぎちり、と組まれた腕から音がします。

「はむっ…ちゅ…」

なんだかむず痒い腿をこすりあわせると、束ねた足からギリ、ギリ、と音がなります。

「ふっ…ぷはっ…」

目の前には慈しみをこめて見つめてくれるプロデューサーが、倒れないように、私を優しく抱きとめてくれます。

「ぷろ、でゅ、さぁっ…」

その暖かさを胸一杯に吸い込んで…肩、鎖骨、首すじ、頬、鼻…ただ一つ自由な小さい舌で、私はプロデューサーに奉仕します。

「んんっ…ぷふ…」

涼しくなった月の夜、プロデューサーの小さなお部屋の、ベッドの上に転がって…

手と足を縛られた私は、精一杯、プロデューサーに尽くしています。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405172197

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆ag9TZfREZs 2017/11/19(日) 16:52:33.21 ID:Pj3Hq5r30
キャラ崩壊注意

古鷹「今までは『提督は優しい人だから』と言い聞かせてきたけれど……」

古鷹「さすがにもう見逃せません」

古鷹「私がどうして怒ってるか、分かりますか?」

満潮「えっと……」キョトン

曙「どうしてかしら?」キョトン

霞「思い当たる節が無いわ……」キョトン

古鷹「そう……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1511077952

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆W7gaJxN1wk4q 2016/09/10(土) 17:58:57.59 ID:ve0zdilto
「本日付けで貴殿を特務少佐に昇格、また海軍提督に就任させる」

「…は?」

前略、おふくろ様
いかがお過ごしでしょうか

お変わりありませんか?

僕は今日、20代前半の若造でありながら海軍提督になりました。

昨日までは少尉候補生でした。

わけがわかりません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473497937

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆W7gaJxN1wk4q 2016/08/27(土) 15:05:14.75 ID:9Hybfg/Qo
「戦艦夏姫により旗艦大破、ドロップ那珂ちゃん回収の後撤退」
戦果報告を聞き、何度目かもわからない溜息を吐く。

畜生、あのケツダイソンっ……!!

イベントクリアして相当の時間が経過した
しかし本当の意味での開戦はそこから

繰り返し繰り返し出撃するも伊26もAquilaも見つからない。もう何周しただろう

祗園精舎の「がしゃん」音
諸行無常の響きあり。

って今回はボスドロップだからまだ気持ち的にはマシか
いや、道中あるからなんもマシではない

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472277914

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆D04V/hGKfE 2015/06/23(火) 23:22:37.45 ID:MhrPLB050

・俺ガイルSS
・地の文あり
・前回の 八幡「贈り物には想いを込めて」と話が繋がってはいますが、読んで無くても多分大丈夫

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435069347

THE IDOLM@STER

1: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/11(水) 22:06:23.72 ID:c1ek2SaH0
このみ「…ふぅー終わったー」

P「このみさん、お疲れ様です。お茶どうぞ」

このみ「あら、ありがとう。最近事務仕事が多くて肩が凝るわね…」

P「あ、なら軽くマッサージしましょうか?」

このみ「それじゃあお願いしちゃおうかしら」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402491983

サザエさん

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/19 22:51:23 ID:u3G
中島「おい磯野!野球しよ…ってどうしたんだ?」

カツオ「中島、これ見てくれよ。」

中島「ん~?ピンク色の手紙…?どこで見つけたんだ?」

カツオ「いや、僕の下駄箱に入ってたんだ。」

中島「ええ!?それってもしかしてラブレターじゃ!中身見たのか?」

カツオ「いや、まだだよ。これから開けようとしてたんだ。」

中島「僕も見ていいかい?」

カツオ「ああ、じゃあ開けるぞ?」

ビリビリ

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/17 13:31:27.353 ID:pw7JcUGH0.net
幼馴染「くっ…!」

「パスワードを入力してください」

幼馴染「やはりロックが…!」

幼馴染「パスワード…誕生日…?」

幼馴染「違う…それなら…」

男「……何してんだ?」

幼馴染「あひょーーーいわたひょいー!」

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/15 06:16:05.383 ID:vSCzbakn0.net
俺「いくぜ!!!」

敵前に疾走し手から光線があふれ出す

背景に魔法陣がいくつも展開されて瞬時に投射が行われる

それだけではない、本来、【職-ジョブ-】とされるあらゆる特能をすべて保有してるのが彼であった

魔「くっ、こんな奴に・・・・一体何者だ貴様ぁ!!!!!」

魔術師が乱れるように剣を展開し、迎撃する

そして衝突

魔「ぐぐぐぐぐぐ!!!!」

圧倒的に押されている

というか、この【全能力者[または7クラサー]-ATHLETE-】は無論、セイバーとか格闘でも絶対的な力を誇る

俺「やはり楽しいぜ」

戦闘狂と化し、魔を圧倒する

もはや魔術師に勝つ見込みはなかった

PAGE TOP