THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 18:26:38.71 ID:yctCWYHO0

パチパチパチパチパチパチパチパチ

伊織「大変大きな拍手に迎えられ、感無量でございます」

伊織「どうか1万字と少しの落語、お付き合い頂きますと嬉しく存じます」

伊織「しかし高い所から見まわしてみるって言いますと、拍手一つとっても人によって様々でして」

伊織「御婦人方はこう手を十字にしてお上品に『パチリパチリ』と言う感じで」

伊織「男の人になると大きく手を広げて『バチンバチン』と豪快に叩くような感じで」

伊織「様々な音色を奏でます。さながら拍手のオーケストラですな」

伊織「まったくの余談になりますが、拍手と言うの中指をそろえる様に合掌し」

伊織「そこからほんのわずかだけずらして叩くと、綺麗で大きく鳴るようですな」

伊織「それでは私が今から指揮棒を振り上げる素振りをしますので」

伊織「今一度、揃って大きな拍手をお願いいたします」

伊織「こう」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

伊織「としたら鳴らして下さい」

伊織「本日の会場はせっかちな方が多いようですな」

伊織「いきますよ?」

伊織「はい!」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

伊織「大変結構でございます」

伊織「先ほどより私も幾分か心持がようございます、ありがとうございます」

伊織「えー次からは是非、これくらいの全力の拍手でお迎えくださいませ」

伊織「なんて調子の良い事ももうしますが」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504171598

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/03(金) 20:33:50.46 ID:9zaCrVBXo
きらり「……」

武内P「あの……どうでしたか、諸星さん」

きらり「……」

武内P「すみません、何か仰ってください……諸星さん」

きらり「今日は、莉嘉ちゃんと、みりあちゃんを、よろしく、お願いします」

武内P「はい、今日のレッスンは……はい……あの、本当にすみませんでした……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509708830

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆01jT186BxI 2017/10/30(月) 17:48:21.48 ID:6dK0IGCFo

・提督と村雨たちが織り成す短編ストーリー集みたいなもの。日常系のお話。

※提督と村雨はケッコンカッコカリ済です。

※過去作

【艦これ】村雨「村雨の素敵な一日、見せたげる♪」

【艦これ】村雨「提督ー!ドッジボールしましょー!

【艦これ】2本のマフラー

【艦これ】提督「俺は山風に嫌われているかもしれない…」

【艦これ】村雨「村雨、夕立になるっぽい!」

今回のお話と設定は同じですが、読んでいなくても特に支障はありません。もしよかったらどうぞ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509353301

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆TB8qaVea7Y 2015/07/09(木) 17:40:55.57 ID:NChZcB5y0
八幡「で、なんなんだよ…」

相模「なんなんだよってひどくない?うちとしてもお詫びの印ってことでさ」

八幡「お詫びね…よくわからんけど」

相模「こうして同じクラスになったんだし?ちょっとくらいいいじゃん」

八幡「お前が謝りに来たことがまず信じられん、お前変わってないように見えたんだけど」

相模「これでも反省したんよ、うちだって。なんかあんたの凄さもわかった気がするし」

八幡「は?凄さ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436431245

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/29(日) 21:02:47.86 ID:QdJoHAlt0
注意事項
・モバマス
・似たようなスレタイで以前建てたけど内容は似て非なるもの
・ネタ多め、故に合わないと思ったらバック推奨

よかったらどうぞ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404043367

THE IDOLM@STER

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/11/03(金) 20:32:46.93 ID:UejYcUWl0
P「どういうことなんだろうな。凛」ギュ-

凛「どういうことなんだろうね。プロデューサー」

P「不思議なこともあるものだ」ギュ-

凛「まあ、あんまり気にしないほうがいいよ。プロデューサーも私のことをハグできて嬉しいでしょ?」

P「嫌な気はしないけど」ギュ-

凛「でしょ。あと抱きしめるだけじゃなくて背中も撫でてよ」

P「はい」

ムギュ-…サスサス

凛「♪」ムフ-

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509708766

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19 14:02:58.384 ID:TwGNbE3a0.net
女騎士「悪党どもめ、民から奪った財で私腹を肥やしてきた罪を償え!」 ザシュ

女騎士「ふん、何の歯応えもない。貴様で最後だな」

盗賊「ま、待ってくれ!! 俺は>>3の情報を知ってるんだ!」

女騎士「>>3だと?」

盗賊「ああ、>>3だ! >>3の情報を教えるから助けてくれ!」

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/21(月) 23:48:40.39 ID:IILv3cIc0

パチパチパチパチパチパチ

伊織「ますますのお運び、まことに有難う存じ上げます」

伊織「どうか一席、ほんの1万とちょっとの字数お付き合い願いたいと存じます」

伊織「えー、落語の世界には良く食べ物が出てまいります」

伊織「それこそ今のように食に関して裕福な時代じゃあございません」

伊織「今の人たちには驚かれると思いますがね?」

伊織「昔、それも私共の言う古典落語の時代なんて言うのは江戸から新しいのだと大正、そこいら時分ですよ」

伊織「その時食べていたもの」

伊織「お客様驚きますよ」

伊織「なんとですね、ほっっっっとんどがですね」

伊織「和食」

伊織「…………」

伊織「あまり、驚かれている方がいらっしゃらないようなんですが」

伊織「と、まぁ、当然のように、ハンバーグ、スパゲティ、グラタンなんてぇのは…………」

伊織「え~~、シャリアピンステーキ、子羊のグリル、バーニャカウダなんてもんは」

伊織「すみません、会場のお客様のレベルに合わせておしゃべりさせて頂かないとですな」

伊織「まぁ、無かったわけで、米、味噌汁、野菜、まぁ漬物ですな、それこそ白い米なんて食べられたら上等だったようです」

伊織「明治大正なんてのは少し豪勢になったようですが」

伊織「それでも今と比べたらずいぶんと慎ましい食事だったようです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503326920

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/02 00:38:22.425 ID:MjZJTQZI0.net
ピンポーン……

時刻は夜の8時、家の中をチャイムの音が響き渡った。俺はソファから立ち上がり玄関の外をインターホンのカメラ越しで確認すると駄菓子の入った袋を二つ持って玄関の鍵を開けた。

男「こんばんは」

にこやかな挨拶で外を出る。目の前には可愛らしい魔女の帽子をかぶった女の子と狼のフードのついたパジャマを着た男の子が立っていた。そう、本日はハロウィンなのだ。

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/21(火) 00:43:45.42 ID:Rlgzf5la0
凛「ふーん、まあ悪くないかな」ペラペラ

P「やめろ、やめろ」

卯月「…」カチャカチャカチャ

未央「…」カチャカチャカチャ

※著しいキャラ崩壊があります、閲覧には十分ご注意下さい

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466437425

PAGE TOP