スポンサーリンク

カテゴリーに「五等分の花嫁」追加 ٩(๑´0`๑)۶

スポンサーリンク

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 12:45:45.57 ID:t5s6Rlgr0
日向「そうか、バレンタイン・・・か」

提督「そういや今日バレンタインか」

伊勢「二人とも興味なさ過ぎじゃない!?」

バレンタインボイスを聞いて寝起きの頭で書きなぐったSSです。なので短いです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423885545

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/25(土) 00:51:45.15 ID:GwwqpKpZ0
デレマスの二次創作SSです

よろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535125904

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:39:40.468 ID:gQRL8cO40
就活生「……ん?」

老人「う、ううっ……!」

就活生「大丈夫ですか、おじいさん!」

老人「薬を……。懐に入ってる薬を……」

就活生「これを飲ませればいいんですね? はい、どうぞ!」

老人「……」ゴクンッ

老人「おかげで助かったわい……。本当にありがとう……」

就活生「いえいえ、お年寄りを助けるのは当然のことですから!」

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/01(火) 00:45:09.31 ID:E9rJZAos0
P「リアクションって言ったって…どうした、急に。みくでも呼ぶか?」

周子「んー、具体的に言うとね……」

周子「泰葉に不意においなりさん見せた時のリアクションが見たい」

P「何て!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525103109

その他

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:51:58.528 ID:N8Qe0WAA0
ーー深夜。スイス、ヌーシャテル近郊。
ワンボックスカー車内。

偉い人「昨日、サン・ヴェルニー島に居た中佐から連絡が入ってな」

「え、どうやって? あの島には通信設備なんて無いはずですよ。というか、”居た”?」

偉い人「ああ。もう島を出とる。あの島では少し大きな地震があってな。そのおかげーーと言うと言葉は悪いが、”彼女”との仕事が存外早く片付いた」

「地震ですか……。それと租税回避とどんな関係が?」

偉い人「ま、色々あったんだ。色々」

「はあ」

偉い人「中佐は急遽島に寄港した空中艦で、捕らえた総督とエルルまで優雅に空の旅だ。連絡は当然、艦の通信設備から寄越した」

「なるほど」

偉い人「でーーまあ本題なんだが、地震で島の御神体が目覚めたんだと」

「御神体? ……まさかっ!」

偉い人「勇者様だよ」

「そんな馬鹿な……」

偉い人「君はドラゴンクエストをやったことがあるかね?」

「……Ⅷからなら。欧州版が出ていますので……」

偉い人「おおそうか。私などは若い頃から北米版を手に入れてやり込んでいたクチでね。まさにあれの世界だよ」

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/02/19(火) 00:08:06.27 ID:xJz4/1uK0
ブロロロロロ…

男「……」チラッ

女「ちょっと、運転中にスマホ見ないでよ。危ないよ」

男「俺さ、ガラケーからスマホにするの結構遅かったんだけど」

女「そうなんだ」

男「ガラケーだった頃は、次々スマホに切り替えていく連中を」

男「スマホのどこがそんなにいいんだ、ミーハーどもめ、だなんてバカにしてたけど」

男「自分もいざスマホにしてみたら、やっぱりこう思うよ」

男「一度スマホにしちゃうと、もうガラケーには戻れないよな……って」

女「どうして?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1550502485

その他

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 21:46:03.989 ID:NcS1/+oA0

―寿司屋―

寿司職人「へい、大トロ!」

女「いただきま~す!」パクッ

女友「あれ? どうしてシャリだけ残してるの?」

女「だって太っちゃうじゃない。ご飯って炭水化物だし、百害あって一利なしだわ」

女「お寿司を食べる時はね、シャリは残した方がいいわよ」

女友「へぇ~、私もそうしよっと」パクッ

男「……」

未分類

http://ssimas72.blog.jp/archives/31114333.html
http://elephant.2chblog.jp/archives/52130586.html
http://www.lovelive-ss.com/?p=24473
http://blog.livedoor.jp/kokon55/archives/1068731745.html
http://morikinoko.com/archives/52095870.html
http://blog.livedoor.jp/kokon55/archives/1068582067.html
http://blog.livedoor.jp/kokon55/archives/1069183546.html

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 06:48:18.06 ID:zENmOOSzo
飛鳥「おはようございます」

P「おはよう、アスカ。 ん、イヤホンつけて……何か聞いてるのか?」

飛鳥「うん、最近心にくるものがあってね」

P「アスカはどんな曲が好きなんだっけ」

飛鳥「騒々しいのかな」

P「邦楽は聞かないのか?」

飛鳥「聞くよ」

P「ロック好きか?」

飛鳥「好き……うん、好きなのかも」

飛鳥「好きだよ。 ロック以外も聞くけど」

P「李衣菜にも見習わせたいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388785697

THE IDOLM@STER

1: ◆C2VTzcV58A 2015/05/18(月) 19:24:07.17 ID:jVShqnu20
とある休日。
見慣れた彼の姿を視界に捉えたのは、街をぶらついていた午前中のことだった。

「やあ、P」

「ん? おう、飛鳥じゃないか。奇遇だな」

声をかけると、向こうもボクの存在に気づいて近寄ってくる。
そんな彼の様子を見つめながら、ボクの関心は彼が隣に連れているある物に向けられていた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431944637

PAGE TOP